So-net無料ブログ作成
検索選択

長期金利とは?なぜマイナスに?預金減っちゃうの?わかりやすく解説します! [経済]

2月9日、日本の長期金利がマイナスとなりました。

これは、スイスにつづいて世界で2番目に起こった出来事で、異常な事態といえます。

この、長期金利について知られていないことも多く、「長期金利とは何か?」「金利なのになぜマイナスに?」「私たちの預金は減っちゃうのか?」について、わかりやすく解説します。

K10010403371_1602091307_1602091308_01_03.jpg
※http://www3.nhk.or.jp/news/html/
 20160209/k10010403371000.htmlより引用

■長期金利とは何か?

長期金利とは、満期までの期間が長い預金や、お金を返すまでに必要な期間の長い借金(債権)などの利息のこととなります。

ようするに、長い期間のお金のやり取りなので、突発的な値動き(たとえば大手銀行の不祥事・大企業の倒産など)によらない、本当の意味での金利といえます。

日本では、この長期金利を決めるのに、借金返済までの期間が10年の国債(日本の借金の証書のようなもの)の金利が利用されています。

この、長期金利が、2月9日にマイナス0.010%を記録し、初のマイナス長期金利を記録したのでした。

スポンサーリンク



■金利なのになぜマイナスに?

突然ですが、あなたは、以下の2つの内どちらがうれしいですか?

・A : 今すぐ9万円もらえる

・B : 10年後に10万円もらえる

どうでしょう。おそらく、Aを選んだのではないでしょうか?

やはり、10年後に1万円多くもらえるよりも、今欲しいのが人情ですよね。

端的に言うと、借金の金利とは、この人々の思いによって成り立っています。

今すぐ貸す代わりに、金利(上のケースならAの1万円分)をくださいねという仕組みです。

で、この金利がマイナスになるということは…なんと、お金を貸せば貸すほど、損してしまうということです!

実は、コレは銀行が、もっと企業や、民間にお金を貸して、しっかり業務するようにという、政府の思いがあるのです。


銀行は私たちから預金をもらって、しっかり考えて運用しているのか…というと、そうでもなく、安全な国債(国が相手なので借金回収できないなんてないですよね)ばかりを購入したり、日銀(日本が運営する銀行の様なもの)に預け入れしてたりしていました。

結果として、民間企業が運転資金を銀行から借りようとしても借りれずに、起業できなかったり、逆に倒産したりしてしまいました。

そこで、長期金利をマイナスにすることによって、国債の購入や、日銀に預金しても、銀行がもうからなくして、民間にしっかりお金を貸して、商売するように仕向けたのです。

ただ、この政策が上手く以下というと、日本より以前にマイナス金利になったスイスを見ると、そうでもないようです。

やはり、自分のところで何百億というお金を管理するための維持費(セキュリティ費用など)を考えると、損をしても国債を買ったり、日銀に預金した方が楽だということで、スイスでは改善があまり見られていないようです。

まぁ、銀行マンが誰しも半沢直樹ではない普通のサラリーマンなので、楽な方に流れてしまうのでしょうか。


■私たちの預金は減っちゃうのか?

日銀の金利がマイナスになるということは、私たちの銀行に預けている預金は減っちゃうの?

と、気になっているのではないでしょうか。

ただ、これについては、私たちの預金は減りませんので安心してください。

あくまで、銀行が日銀に預ける際の金利がマイナスになっただけで、私たちの預金には直接関係ありません!

ただし、銀行側が、私たちの預金の金利を下げたり、手数料を上げたりと、間接的には影響があるかもしれません。

本来であれば、銀行の企業努力を期待したいところですが難しいかもしれません。

逆に、銀行に借金(住宅ローン)がある場合は、金利が下がる可能性もあるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。


以上、長期金利とは何かについて、わかりやすく解説いたしました。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク

タグ:長期金利
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。